読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力で血圧を下げる!高血圧対策

こちらでは自力で血圧を下げる為の高血圧対策について解説しています。

上手に減塩して高血圧対策しよう!

f:id:s289g0bs:20161020142852j:plain

もし、高血圧で何を試しても思うように下がらない場合には減塩するようにしてください。

なぜなら、高血圧の原因としては塩分の過剰摂取が挙げられるからです。

そもそも塩分がいけない理由ですが、塩分を過剰に摂取すると血液中の水分量が増えてしまうので、血流量も同時増えます。

血流が増えると言うことは、血管が受ける圧力が大きくなり、それで血圧が高くなってしまうということなんですね。

つまり、減塩で高血圧対策になると言う事です。

では、具体的にどのように減塩していけばいいのか?

一番いけないのは極端に塩分を減らす事です。

極端に減塩してしまうと長続きしないんですね。

三日坊主で終わってしまっては意味がありません。

ですので、上手にやるには徐々に塩分を減らしていきます。

例えば、何種類かおかずがあるとして、その1品を減塩します。

他におかずは、いつも通りに作って構いません。

もちろん、減塩している1品は味は薄いのですが、他のおかずにしっかり味がついているので、不満なく食べることができるでしょう。

はじめはこのようなやり方で構いません。

そして、徐々に減塩するおかずを増やしていきます。

そうすれば薄味でも満足できるようになるので長続きするというわけですね。

このように上手に減塩することができれば高血圧対策できます。

また、減塩するには色々と工夫することも大事です。

例えば、醤油をかけるのではなく、つけるようにする。

ミスト状のスプレーで醤油をつけるのも減塩できるのでお勧めです。

外食等で、ラーメン等を食べるなら、必ずスープは残すようにするのもいいですね。

理想としては、1日に6g以下の塩分量が良いと言われていますので高血圧の人は、減塩するようにしてください。

運動不足を解消して高血圧対策をしよう!

f:id:s289g0bs:20161020142720j:plain

もし、高血圧と言う事であれば、運動することを強くお勧めします。

なぜなら、運動不足は高血圧の原因にもなりますし、生活習慣病にもかかりやすいからです。

でも、なんで運動不足がいけないのか?

その理由ですが、簡単に説明するなら血流が悪くなるからです。

そして、高血圧が要因で動脈硬化になりやすくなり、運動不足が続けばさらに血流が悪くなり血圧も高くなってしまうんですね。

つまり、悪循環になってしまうということです。

では、どんな運動を行えばいいのか?

高血圧対策のための運動といえば、有酸素運動が効果的と言われています。

ダイエットでもおなじみ有酸素運動ですが、これはウォーキングや水泳や自転車などがありますね。

特にお勧めするのがウォーキングです。

ウォーキングであれば、散歩する感覚で運動することができるからです。

仕事などで時間がない方は通勤を利用する方法もあります。

なので、ちょっとだけ運動に意識するようにしてください。

それも、1日に30~60分で構いません。

なるべく歩く癖をつけるようにすると徐々に血圧も下がっていくと思います。

どうしても外に出て運動したくないというのであれば、運動器具を使うのもいいでしょう。

例えば、エアロバイクやルームランナーでも構いません。

お金をかけたくないと言う事であれば、踏み台を用意して、踏み台昇降を行うのがいいでしょう。

これを30分もやると汗がジワッとするので運動した気分になれます。

高血圧対策のためにも毎日、有酸素運動を行いましょう。