読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力で血圧を下げる!高血圧対策

こちらでは自力で血圧を下げる為の高血圧対策について解説しています。

上手に減塩して高血圧対策しよう!

f:id:s289g0bs:20161020142852j:plain

もし、高血圧で何を試しても思うように下がらない場合には減塩するようにしてください。

なぜなら、高血圧の原因としては塩分の過剰摂取が挙げられるからです。

そもそも塩分がいけない理由ですが、塩分を過剰に摂取すると血液中の水分量が増えてしまうので、血流量も同時増えます。

血流が増えると言うことは、血管が受ける圧力が大きくなり、それで血圧が高くなってしまうということなんですね。

つまり、減塩で高血圧対策になると言う事です。

では、具体的にどのように減塩していけばいいのか?

一番いけないのは極端に塩分を減らす事です。

極端に減塩してしまうと長続きしないんですね。

三日坊主で終わってしまっては意味がありません。

ですので、上手にやるには徐々に塩分を減らしていきます。

例えば、何種類かおかずがあるとして、その1品を減塩します。

他におかずは、いつも通りに作って構いません。

もちろん、減塩している1品は味は薄いのですが、他のおかずにしっかり味がついているので、不満なく食べることができるでしょう。

はじめはこのようなやり方で構いません。

そして、徐々に減塩するおかずを増やしていきます。

そうすれば薄味でも満足できるようになるので長続きするというわけですね。

このように上手に減塩することができれば高血圧対策できます。

また、減塩するには色々と工夫することも大事です。

例えば、醤油をかけるのではなく、つけるようにする。

ミスト状のスプレーで醤油をつけるのも減塩できるのでお勧めです。

外食等で、ラーメン等を食べるなら、必ずスープは残すようにするのもいいですね。

理想としては、1日に6g以下の塩分量が良いと言われていますので高血圧の人は、減塩するようにしてください。