自力で血圧を下げる!高血圧対策

こちらでは自力で血圧を下げる為の高血圧対策について解説しています。

爪揉みで高血圧対策することができる?

血圧を下げる方法としても、色々とありますが、今回は、「爪揉み」に注目してみました。

なぜ、爪を揉むことで血圧を下げることができるのか?

その理由とやり方について説明します。

先ず、爪って神経が集中している場所でもあります。

なので、爪を挟んだりすると、ものすごく痛いわけなんですね。

では、高血圧とどんな関係があるのか?

爪揉み効果としては、自律神経の乱れを改善させる働きあります。

高血圧の人の場合、交感神経が活発になっている傾向にあります。

爪を揉むことで、副交感神経を優位にさせるというわけです。

それで自律神経のバランスが良くなることで血圧も下がります。

また、爪を揉むと血流が良くなりますので、その効果もあり、高血圧対策には効果的なんですね。

ただ、やたら揉んでも意味はありません。

高血圧の場合は、小指が良いとされていて、爪の生え際を逆に手の小指と人差し指で強く挟みます。

f:id:s289g0bs:20161029114637j:plain

5秒間、強く力をいれて、力を抜く。

これを5回ぐらい行います。

すると、温まり、ジワーっと血が流れるのが分かると思います。

ちなみに・・・

親指は、肺などの呼吸器

人差し指は、胃や腸などの消化器

中指は、耳の症状

小指は、心臓や腎臓などの循環器

これらの効果があります。

薬指は、交感神経を刺激させるので行いません。

ですので、健康のためには、薬指を除くすべての指の爪を揉むのがいいわけです。

爪揉みであれば、何処でも手軽にできる方法なので、時間がある時に試してください。