自力で血圧を下げる!高血圧対策

こちらでは自力で血圧を下げる為の高血圧対策について解説しています。

睡眠時間が短い人は高血圧になりやすいので注意しよう!

f:id:s289g0bs:20161108151544j:plain

高血圧の原因に睡眠不足があるってご存知でしたか?

普段から睡眠時間が短いような人は、血圧が高くなるので注意した方がいいです。

もし、今現在、高血圧で睡眠時間が短いなら今夜からでも対策するようにしましょう。

最低でも7時間は寝るようにした方がいいです。

睡眠時間が5時間以下なんて人は、特に注意が必要です。

これが続くとどうしても体は無理した状態になるので、なかなか疲れも取れません。

仕事でもミスが増える原因にもなりますね。

それに自律神経が乱れてしまいます。

疲れやストレスがあると自律神経が刺激されることになるので、血圧が高くなるんですね。

血圧を下げるためには、睡眠の事もよく考えることが大切です。

中には、なかなか夜寝れないという人もいるかもしれませんが、睡眠時間が短いと生活習慣のバランスも悪くなり色々と支障をきたす恐れもありますので注意が必要です。

不眠の対策としては、なるべく朝早く起きて光を浴びるようにしてください。

そして、日中は軽く運動をするようにします。

また、寝る前にテレビやスマホなどの画面を見ていると脳が覚醒しますので、寝つきが悪くなります。

ですので、寝る1時間前は強い光を浴びないことです。

寝る際にリラクゼーションの音楽などを聞くとすんなりと寝れますので、ぜひ試してください。

基本的には、これらの事を守り、早寝早起きを心がけましょう。

ちなみに夜の仕事をしている人はどうすればいいのか?

夜仕事で昼に寝る人は気をつけるべきことがあります。

それは、仕事が終わり、帰宅する時に光を浴びない事です。

そして、家では、カーテンなどを利用して部屋を暗くします。

そうすることで、昼に熟睡することができます。

起きる時は、なるべく明るくするなど工夫が必要になります。

高血圧対策のためにも今一度、睡眠について考えてみてください。